制作日記 革小物 オリーブグリーンのイーグルバッグ - ドレス製作日記
POST

制作日記 革小物 オリーブグリーンのイーグルバッグ

  01, 2016 22:22
革小物の制作日記です。

東急ハ〇ズのセールで、やすい革切れを発見しました。
なので、スチームパンク系を意識して制作したバッグです。

色は大好きなオリーブグリーン。
この色、落ち着いてて大好きなのです。

革小物は、基本スケッチブックにほぼ実物大の絵を書いてスタートします。
ビンテージ加工もしますが、まずは型紙を作って裁断するのはドレスと一緒です。

seisakufuukei-41-01.jpg

今回は型出しをしようとおもいます。革を濡らして、形を作る方法です。
そこでちょうど良い木型でもあればいいのですが、見つからず…。
よさげだったのが、引越しの際に本体は捨てられたのに、なぜか引越し先まで持ってきたエアコンのリモコン。
これがベストマッチなサイズだたので、使うことにしました。濡らした革を巻くので、ラップで巻いて使います。
…こんなところで、このリモコンが役に立つなんて、誰が想像したでしょうか(笑)

seisakufuukei-41-02.jpg

水で濡らしてギュッと絞った革をリモコンに巻きつけます。
そして台紙(プラ板)を当てて洗濯バサミで押さえておきます。
洗濯バサミの挟んだ跡が残りますが、ビンテージ加工するからどうせ消えるし、という理由で…。
使いやすい洗濯バサミを使ってます。

seisakufuukei-41-03.jpg

ほかのパーツも、水で濡らして手でしごいたり、歯ブラシで切り口を磨いたりして、古びた感じを出します。
そして2~3日、風通しの良いところで放置。

seisakufuukei-41-04.jpg

革がカラカラに乾いたら、いよいよ作業スタートです。
まずは「かぶせ」に該当する部分に飾りの茶色の革を重ねます。
使う接着剤はおなじみのGクリヤー。

seisakufuukei-41-05.jpg

ボンドで仮接着→菱目打ちで下穴を開ける→エスコード糸で縫う→不要な部分を切る。
という作業を地味にこなします。

seisakufuukei-41-06.jpg

それが終わったら本体を合わせていきます。
パーツは少ないのですが、ビンテージ加工で歪んだ部分を修正します。

seisakufuukei-41-07.jpg

「かぶせ」を本体に直接縫うのも革の裏が見えてなんなので、名称不明だけど半裏地みたいな部分に縫い付けます。
この時は目立たないような同色系の、革小物用の蝋引き糸で縫い合わせます。
そして持ち手を付ける部品を作っておきます。

seisakufuukei-41-08.jpg

パーツを合わせていきます。
縫い糸の終わりは、どうせ見えないんだから…ということで。
縫い終わりの処理をしたあとの糸は短く切らないで、縫い目に巻きつけてあります。

seisakufuukei-41-09.jpg



本体に合わせる前に、差込をいれる部分を先にカシメで止めておきます。
バッグの淵は、あまり革を使って2枚重ねにして補強をかけます。
茶色のステッチをいれました。

seisakufuukei-41-10.jpg

Gクリヤーで仮止め→下穴をあける→エスコード糸で縫う→余分な革をカットします。
カットした部分の革の淵に水を付けてビンテージ加工をして自然乾燥させます。

seisakufuukei-41-11.jpg

本体を乾燥させている間に、ショルダー部分を作ります。

seisakufuukei-41-14.jpg

そして、バッグの飾りにするチャーム類を作ります。
今回はイーグルにちなんだ飾りをメインに、ありあわせのビーズなどで。
チェコビーズがお気に入りなので、ビーズはほとんどチェコビーズです。

seisakufuukei-41-15.jpg

本体が乾いたら、イーグルの飾りをグルーガンでつけます。
差込の先にハトメで穴を開けて、イーグルのフェザーのチャームをつけました。

seisakufuukei-41-12.jpg

あとは、ショルダー部分を付けて。チャームをつければ完成です。

seisakufuukei-41-13 -2

自宅用ということもあって気軽に作れた作品だけど、やっぱりステッチが難しいです。
下穴をあける時の力加減が一番の難関です。

エスコード糸以外の糸の扱いに慣れていないこともあって、糸目が思うようにならないのが今後の課題です。
あと、いつまでもリモコンを使うにもなんだかアレなので、木型を自作しようかな?なんて思ってます。

でも、大好きなイーグルモチーフで作れたので満足です(*゚▽゚*)

スポンサーサイト

Comment 0

What's new?