レッド エリザベサン・コスチューム - スポンサー広告ドレス作品 (SD~17SDサイズ)
POST

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド エリザベサン・コスチューム

  13, 2016 20:15
今期のオーダーが受けられそうにないので、せめて制作したものを販売してみようと思って縫った作品です。
販売は2016年9月17日を予定しています。

大好きなワインレッドの生地で制作したドレスです。
想いはエリザベス女王のイギリスに馳せて…。
(※現代のエリザベス女じゃないですよ、バージンクイーンと言われたエリザベス1世です)
スペインからの影響をうけた時代でもあったはず。ドレスのウエストは細く絞りあげて、襟が特徴的ですよね。
ミラ・ジ〇ボビッチが出演した「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」とかを見ながらいろんな要素をミックスさせています。
イギリスというと、バッスルが特徴のドレスを思いましますので、そんな特徴などをミックスさせました。

DollsOfTheOpretta-17.jpg

サイズ:SD16少女(ノーマル肩、まる肩共用)
モデル:SD16まどか

ドレス(ワンピース一体型、着脱は後ろファスナー)1点
バッスル調腰飾り1点
付け襟1点

の3点です。
ドールや背景、ネックレスは含みません。

ドレスの丈はヒール足を基準に作っています。
生地自体に張りがありますので、パニエを履かなくとも手で形を整えるだけで十分に広がります。
パニエを履かせる際は、腰履きになるようなウエスト緩めのパニエを履かせることをおすすめします。
ウエストの位置でパニエを履くと、ウエストラインに響きます。
パニエが欲しい方は、別途相談ください。

バッスル調の腰飾りや付け襟は、スナップで着脱できるように作っています。
コードの飾りがかなり張りがありますので、形を整えれば特にパニエは必要ではありません。
写真はパニエなしの状態です。

※参考、横から

DollsOfTheOpretta-18.jpg

素人が趣味の範囲で制作したものです。生地等は通常の大型の手芸店で購入しております。(全国展開)
心を込めて丁寧に制作していますが、既製品のような完璧なクオリティをお求めの方は、購入をお控えくださいますようおねがいいたします。

このページは販売までの間に色々と書き加える可能性がありますので、購入をお考えの方は、カートオープン前に再度確認していただきたいとおもいます。

制作日記があります。参考までにこちらからどうぞ。→




スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。