制作日記 モノトーン ローブ・デコルテ ドレス ① - ドレス製作日記
POST

制作日記 モノトーン ローブ・デコルテ ドレス ①

  08, 2016 21:30
2016年7月に制作したドレスの制作日記です。

いいな~と思う布があると、ついつい買ってしまう荊子です。
その布が綿ブロードのような、常時あるものなら買わないのですが、
お、珍しいな(*゚▽゚*)とか、半額の値段が付いていたりすると…もうダメです
そして、家の中が布だらけになってしまいます。

そんなわけで大量に在庫を持っているので、どうにかこうにかドレスに仕上げたいと思っています。
今回は、大柄のモノトーンの花柄を活かしたドレスを作ろうと思います。
デコルテの美しいラインを目標にして。

seisakufuukei-37-01.jpg

手元にある材料を用意します。…結局このあとも少し買い足すのですけど(´Д`;)
ああ、一向に在庫が減らないぞ!。

モノトーンの花柄 バックサテンシャンタン 80センチ 780円×0.8=624
裏地(セラミカタフタ) 1.1m 390×1.1=429
オーガンジー(150センチ幅) 1.2m×890=1068
チュールレース(黒) 498×2m=996
チュールレース(白) 438×2m=876
コンシールファスナー1本 96円
サテンのバイアステープ(10mで300円) 50円位
フジックスシャッペスパン糸 1巻き 168円
国産のサテンの薔薇かざり(黒)2個 110×2=220
接着芯10センチ位 890円×0.1=89
※バイアステープ(白)はさんで縫うだけ8mm 1個 220円
※花の形のオーガンジーレース 2.5mで300円
※ラッセルレース2m 298×2=596
※ラインストーン10個入り3個 100×3=300
※カチューシャの土台 200円
※ビーズ類(在庫) 100円位
コメ印の物は写真に写ってないです。

材料費で合計6332円。
針やほつれ止め液、しつけ糸などの消耗品や手持ちの在庫の「あまり部分」から出したものは含めません。
買い物に行った際の交通費、通販で購入の時の送料、そして税金も含みません。
私は全部値段とかを控えている人間なので、特売で買ったのがバレバレな物が(´Д`;)
ワゴンを漁ったんだわ~。でもこの生地すてきでしょう?

ささ、それはともかく
今回は180度の円形のドレスにします。
このモノトーンの花柄を180度の円錐形のスカートにし、長方形に切ったオーガンジーを重ねて縫う。
いわゆる、Aラインのスカートにベルラインを重ねる感じ。

seisakufuukei-37-02.jpg

裾はバイアステープで処理。
バイアステープでもサテンバイアスはとにかく滑ります。
たかがバイアス、されどバイアス。しつけをしてから縫います。

seisakufuukei-37-03.jpg

面倒ですが、しつけをきちんとすると、ほらこのとおり。この時、スカートの合わせ目より4.5センチ前まで縫ってしまいます。
ほつれてくるのがいやなので。
ほつれ止めもつけてあるんですが、先にバイアスでくるんだ方が綺麗に処理できる気がします。

seisakufuukei-37-04.jpg

スカートに重ねるオーガンジーは幅が150センチ…。
理想のボリュームには足りませんので接ぎ合わせます。
オーガンジーにお約束の織り伏せ縫いです。
ちなみにオーガンジーを縫うときは、縫い目を細かくしすぎないように注意です。
ただ、この織り伏せ縫い、カラーオーガンジーだと物によっては目立ちます。゚(゚´Д`゚)゚。
場合によっては、使い分けしないとですね。

seisakufuukei-37-05.jpg

オーガンジーの裾は三つ折りで処理して、レースをつけます。

seisakufuukei-37-06.jpg

スカート部分の3枚の布。
オーガンジー、モノトーンの花柄、裏地です。

seisakufuukei-37-07.jpg

花柄の生地にオーガンジーを合わせるために補助縫いをしておきます。
糸目は広く…私は4mmにして縫います。

seisakufuukei-37-08.jpg

オーガンジーにギャザーを寄せて、ウエスト部分に合わせます。
しっかり細かくまち針で止めます。
しつけをしたいけど、ここまでボリュームがあると…下手にしつけをするとオーガンジーが痛みますので注意。

seisakufuukei-37-09.jpg

ウエストの部分をジグザグ縫いで合わせて(赤糸)、ウエスト部分をカットします。
補助糸(水色)はまだ抜いてはいけません。
ちなみに補助糸は2段ありますが、ここがとても重要です。

seisakufuukei-37-10.jpg

スカートの準備はここで終わり、身頃にうつります。
写真をみてわかるとおり、オフショルダーのパターンです。
デコルテが大きく開いて、露出が多い、スクエアネックやボートネックが好みです。

seisakufuukei-37-11.jpg

そしてローブ・デコルテ ドレスの特徴の小さい袖を、今回はレースにします。
レースのフリル袖っていえばわかりやすいでしょうか?
白のチュールレースに、黒のチュールレースを重ねて使います。
下準備のしつけ、補助縫いをしっかりと。

seisakufuukei-37-12.jpg

袖の一段目を縫い付けます。

seisakufuukei-37-13.jpg

袖の二段目を縫い付けます。

seisakufuukei-37-14.jpg

裏地と合わせて、襟ぐりの部分を縫い、袖の肩部分を、手縫いでまつり縫いします。

seisakufuukei-37-15.jpg

表地、裏地、それぞれの脇を縫い合わせます。
脇の下は手縫いで縫い合わせます。もちろん、コの字縫いでね。

seisakufuukei-37-16.jpg

これで身頃部分ができました。
あとはスカート部分と合体させていきます。

つづきはこちら

スポンサーサイト

Comment 0

What's new?