【オーダー】綿ローンの柔らかお迎えドレス② - スポンサー広告ドレス製作日記
POST

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オーダー】綿ローンの柔らかお迎えドレス②

  18, 2016 18:15
引き続き、【オーダー】綿ローンの柔らかお迎えドレス① の続きです。
ブラウスの次は(というか順番はどっちでもいいのだけど)パンツの製作です。

まずはSD13少年で型紙を起こし、66%に縮小、そして補正。
その後試作をします(SDMサイズ)

一回目の試作、形はまあまあ理想的です。
しかし、ウエストの位置が高すぎるで補正しました。
少し腰履きっぽいほうが現代風でいいでしょう。

生地はコスチュームツイルを使おうかと思ったけど、売り切れてて、いつものバックサテンシャンタンですが、こちらの色はカーキーです。
股下の内ももあたりは膨らませず、外側のみを膨らませました。
膨らみのTOPが、ブラウスの裾のラインに来るようにします。
そうすると脚長効果が得られるんです(*゚▽゚*)

seisakufuukei-32-07.jpg

形にはとことんこだわっています。
一見すると軍人のパンツみたいに見えるのですが、上に着る服がチュニック系になるとぐっと雰囲気が変わってきます。
珍しく、細かく計算して製作しました。
ちなみに、私はパンツも総裏仕様で作ってます。

seisakufuukei-32-08.jpg

ウエストをローウエストにして、ブラウスを着たらこんな感じ。
ブラウスはロングブラウスなので、ラインが命です。
女の子っぽくならず、でもふん
わりなイメージを残しつつ、引き締めるところは引き締めて…。
カジュアルって難しい(つд⊂)と痛感しながら縫いました。

seisakufuukei-32-09.jpg

SD13少年の分、SDMの分、試作品(2回目)、パンツのみ頼まれ分などを縫ったら、パンツパンツパンツな状態です(笑)
形が崩れるのが嫌なので、中には詰め物を入れています。
股下のスッキリラインがよくわかりますね。

seisakufuukei-32-10.jpg

帽子は「かぶれなくてもいいから、ちょこんと頭に乗せるかんじで」ということでしたので、あまり高さを出さずに作りました。
ごくごく普通のベレー帽的な…。ブラウスとの相性を考えて、キナリやベージュのリボンをワンポイントにつけました。
接着芯が硬く(ちょうどよい硬さのものがどうしても手に入らなかった)難航しましたがまあ、なんとか(^_^;)

帽子とパンツは同じ生地で統一感を出しましたが、フェルトで作っても可愛いかと思います。
でもウィッグと絡むので、やっぱり裏はツルツルの生地、表もウィッグが絡まない生地が理想かもです。

しかし、SDサイズ以上を縫っていた私にSDMサイズは随分と細かい感覚でした。
これがまた1/6サイズのお洋服となれば、縫い代や作り方なども変わるのですが、基本的にSDサイズ以上と同じ感覚で進めたので、小さいミスが失敗につながってガ━━(;゚Д゚)━━ン!!となりました。

SDMサイズ(MSDサイズ)の難しさを痛感した作品です。

難しい、縫いづらい、もう無理、等さんざん言って縫っていましたが、気づいたときには頼まれた2着の他に、モデルのSDMの子の分も作ってしまいました(笑)
だってとても可愛い子だったのです。

完成のお写真はまた後日。

スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。