マリアンヌ エトワールドレス(ホワイト系) - ドレス作品 (SD~17SDサイズ)
POST

マリアンヌ エトワールドレス(ホワイト系)

  12, 2016 09:56
マリアンヌ(SD・教室Cカスタム)はオ〇ラ座の怪人のクリス〇ィーヌのイメージの子です。
彼女のイメージに合わせて、バレエ系の衣装はたくさん縫いました。
クリス〇ィーヌは歌姫になる前は、バレエダンサーだったから。

イベント販売用に縫ったのですが、どうも需要がなかったようなので…。自分でも気に入っていたので、
手元に数種類は残して、マリアンヌの衣装として使っています。

DollsOfTheOpretta-10.jpg

バレエのチュチュは数種類ありますが、クラシックチュチュのパンケーキ・スタイルをベースにしています。

SDはおこちゃま体型なので、白鳥の湖などで有名な、リアルなクラシックチュチュを作ると、、不格好なスタイルが強調されてしまって、バレエの素敵な世界感がぶち壊しになってしまいます。
(※制作時、Grボディは未発売でした)

なので、「バレエのチュチュのイメージを残しつつ、いかに体型をカバーするか」が課題のドレスでした。

まず、デザインはブラカップのスタイルをやめました。バレエのチュチュの重要な部分なので悩みましたが、ブラカップにすると、子供体型and貧乳が強調されるので、断腸の思いで変更しました。その代わり襟ぐりを大きくとって、オフショルダー気味に。そして、ちょうちん袖をつけました。
立体感を出すために、メインの生地にフィラメントオーガンジーという角度によって光輝くオーガンジーを一部重ねました。
胸元にも、たくさんの飾りを縫い付けて、視線を上に上にと向ける作戦です。

飾りスカートを2段にして、上部のスカート部にはギャザーを寄せました。
目の錯覚を利用して、少しでも細く見えるように!
なので小顔に見えるショートヘアがにあったりしますね。

この色は最初、オーロラ姫をイメージしていたのですが、途中からかなりアレンジされてしまってます。
円ではない飾りスカートにしたために動きがあって、とても気に入っている衣装です。

制作日記はすごく前のもので、コンパクトデジカメで撮った写真しかないのですが一応ございます。
むかしむかしの話ですが、よければこちらからどうぞ→



スポンサーサイト

Comment 0

What's new?