制作日記 4日間でドレス縫ったどー!3日目。 - スポンサー広告ドレス製作日記
POST

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作日記 4日間でドレス縫ったどー!3日目。

  23, 2015 19:34
3日目。この日も朝から忙しく家事を済ませて、お裁縫時間をキープ。
実は3日間で縫いあげようとしていた自分がいた…とは大きな声で言えません。
さすがに無謀だったΣ(|||▽||| )

私はチュールレースが好きなのですが、そのチュールレースにギャザーを寄せるにもアナログ式、つまり手動で行ってます。
専用の押さえ金や、スーパーらくらくタック、などのアタッチメントを使えば早く済むのですが、実際ギャザーを寄せたものを布に縫い付けるとなると、自分でやったほうが上手に出来るんです。
便利な機械を使えない自分は、きっと文明に乗り遅れた、サルの遺伝子が強く残る原始人タイプなんだと思いまうす(´・ω・`)。

フリルの布、それに縫い付けるレースの下準備をします。
レースは約5m使っています。ひたすら補助線縫い(ピンクの糸)が続きます。

seisakufuukei-29-06.jpg

スカート本体部にレースを縫いつけます。
そしてスカート部のフリルの裾にも縫いつけます。
スカートのレース→スカートフリル→スカートのフリルの裾レース
まあ、言葉ではわかりづらいですね。実際縫うと非常に厄介なデザインだったりします。

seisakufuukei-29-07.jpg

面倒だけど、スカートの裾につけたチュールレースの下に、フリルが見えて、そのフリルにもレースという構造にしたかったわけです。
ようやくスカートに縫いつけます。一気に華やいだ感じになりました(*゚▽゚*)。

seisakufuukei-29-08.jpg

このあと、いよいよ身頃とスカート部分を合わせます。
スカートの部分を見頃に合わせてカット。このとき型紙を写した線よりもすこし縫い代を多めに取ります。
一回失敗したら、戻れませんからね。
曲線縫いなのでしつけをしっかりと。上からステッチをかけますが、ここも重要。1mmずれたら終わりです。
布地が重なって、非常に厚みがあります。そこにかけたステッチは、解くこと自体がもう半分無理。
無理に解いたら、生地が傷んでしまいます。

seisakufuukei-29-09.jpg

この日はかなり遅くまで、16時過ぎまで縫い続けたでしょうか?
もちろん昼ご飯なしです。食べること自体忘れてました。

…フリルとレースをスカート部に付け終わったあたりで、さすがに3日は無理だったか…Σ(|||▽||| )
と自分の無謀っぷりに呆れるのでした。

つづきはこちら

スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。